Warning: Use of undefined constant full - assumed 'full' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/saintyuya/saint-yuya.com/public_html/antenna/wp-content/plugins/rss-post-importer/app/classes/front/class-rss-pi-front.php on line 205

Warning: Use of undefined constant full - assumed 'full' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/saintyuya/saint-yuya.com/public_html/antenna/wp-content/plugins/rss-post-importer/app/classes/front/class-rss-pi-front.php on line 258

本当にあった ブラックバイト

ブラックバイトに入ってしまい、大変な事があり、どのように対処したのか
説明を致しました。

0:10 焼肉店の掃除バイト
0:50 ネット回線テレアポ
2:15 通販会社の梱包

■【賃金未払い】

○「2020年4月より賃金債権の時効は
3年となりました」

○会社と直接交渉もありますが、反対される場合が多いと思いますので、
労働基準監督局に相談する事を
おすすめ致します。
退職後でも3年以内であれば可能です。
早めの相談がおすすめです。

○出来るだけ、メモに取っておき、ない場合は把握している所だけでも思い出して
メモ書きをしておくと良いです。
なぜなら、労基相談の際に訴えの書面で具体的に書く必要があるからてす。毎日のメモ書きがあれば、十分な証拠になります。

■【通勤手当不支給】
規程に明示されていたら、必ず支給が
必要。
ある場合は、労基に申し出をしましょう。

■【賃金全額払いの原則】
労働基準法第24条
給与や賞与から振込手数料を差し引くことは、労働基準法第24条に違反。
振込手数料の返還を求める事が出来ます。

■【即日解雇は法律違反でない場合】

試用期間中や日雇い労働、2ヶ月以内の
短期契約の場合は対処外となる。

■【即日解雇が法律違反である場合】
2ヶ月以上の契約があった場合の即日解雇は無効。金銭解決として、平均30日分以上の支払いで即日解雇が出来る。
解雇予告と同時に解雇予告手当を支払わなければならない。

■【不当解雇にあってしまったら】
解雇理由証明書を会社から
もらいましょう。
それを出さない会社であり、突然の解雇であった場合は、すぐに労基署に行く事が
大切です。

■【自己都合の退職 いつ辞めれるか?】
民法627条
当事者が期間を定めなかった時、雇用は
解約の2週間前を経過する事によって終了する。

※例外 月契約で働いて入る場合は、1ヶ月前にの申し出が、半年契約で働いている場合は3か月前の申し出が必要となります。

皆様方も是非参考にされて、賃金未払いの場合は請求をして、不当解雇の場合は労基相談をされる事をおすすめします。

皆様方の悩みと不安が解消される事を、
願っております😄


Source: ブラック企業ホワイト企業Youtubeまとめ
本当にあった ブラックバイト



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク