Warning: Use of undefined constant full - assumed 'full' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/saintyuya/saint-yuya.com/public_html/antenna/wp-content/plugins/rss-post-importer/app/classes/front/class-rss-pi-front.php on line 205

Warning: Use of undefined constant full - assumed 'full' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/saintyuya/saint-yuya.com/public_html/antenna/wp-content/plugins/rss-post-importer/app/classes/front/class-rss-pi-front.php on line 258

ブラック企業に騙されない自発的思考を育てる塾【165時限目ブログラジオ】

【すぎの塾ホームページ】
https://saikanoblog.com/
【Twitter】

【すぎの塾ゲーム学部】
https://studio.youtube.com/channel/UC-IYndk4uvQrW81lqJEyrlA

今日は完全に私事の話になりますが、僕の塾の宿題は学校や他の塾と大きく異なります。
どのように異なるかというと、宿題を「塾生が決める」ということです。

宿題といえば、学校や塾の先生が「次までにここまでやりなさい」と言って決めますが、僕はページ数を塾生に決めさせます。
「そんなことしたらサボるだろ」と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、社会人に必要な『責任感』を鍛えるトレーニングとして、宿題やスケジュール管理を全て、小学生だろうが社会人だろうが年齢関係なく、この方法でやっています。

僕が東京で社員教育をして感じたのは、ほとんどの新卒やアルバイトに一番足らないのは『責任感』と『自発性』です。
『責任感』と『自発性』がないため、嘘をついて隠そうとしたり、逃げようとします。

自分自身の学生時代を振り返ってみたところ、確かに学校で『責任感』や『自発性』について学ぶことはありませんでした。
学校や親の指示に従って、指示通りに動けば褒めてもらえる人生でした。

しかし、社会人は指示通りに動いても失敗したり、予想外のことが起きたり、報告・連絡・相談は当たり前のことです。
この自発的な思考を「会社が給料を渡しながら教えるのはなぜ?12年以上も、学校という学びの場があるのに…」と教育担当の立場でずっと不思議に感じていました。

理由を分析したところ、学校は第二次世界大戦の戦後の教育が今も続いているからです。
赤紙がきたらお国の指示に従う教育が、今もなお続いているため、自分の意思で物事を考えることを教えません。
この教育は、インターネットで世界と商品力で競うには合わない教育です。
これは僕だけじゃなく、会社の人事関係の方々はめちゃくちゃ共感してるはずです。
採用したのに初日に来ないとか、面接では人柄が良かったけどよく遅刻したり休んだりするとか。

ということで、僕は社会人だけでなく、小学生から『責任感』や『自発性』を育てるトレーニングのために、宿題からスケジュール管理まで全て、塾生に決めさせます。
子ども達は「宿題の量を少なめに言って、楽しようとするんじゃないか?」と思う方もいらっしゃると思いますが、先ほどお伝えした通り、宿題の量より、社会人には『責任感』と『自発性』の方が大切です。

そして、東大は「勉強させないとしない人」ではなく、「自ら勉強する人」が行ける場所であり、自発性のない人が運よく東大に入ってもついていけません。
そのため、記憶量より、自発性を育てることの方が大学受験にも、就職試験にも有利になります。

僕の塾では、自分が決めたルールを守れた場合にポイントを渡して、ポイントを図書カードやAmazonや任天堂switchのプレイベイトカードに交換できるシステムになっています。
これは、今後の働き方が成果型のジョブ型雇用に変化した際の、「自分が宣言したことをやり遂げたら報酬を貰える」というトレーニングです。

学校では、指示に従えば褒めるだけです。
「指示に従えば褒める」という方法は、多くのブラック企業が悪用します。
どのように悪用するかというと、給料の発生しない『サービス残業』です。

サービス残業をする多くの人は、「上司から認められたい」欲求でやっている人が多いですよね。
責任感でやっている人もいますが、作業時間に対して給料を払わない時点で労働ではなく奴隷です。

このように、ブラック企業の奴隷になって苦しまないためにも、自発的な思考力を子供からトレーニングさせる教育をしています。

サムネのフリー画像:Jill WellingtonによるPixabayからの画像


Source: ブラック企業ホワイト企業Youtubeまとめ
ブラック企業に騙されない自発的思考を育てる塾【165時限目ブログラジオ】



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク